RSS
消費税増税について
販売価格は消費税10%の税込価格に変更いたしましたが、一部商品説明や画像などに旧表記のものが残っている場合がございます。只今修正対応中でございますので何卒ご了承ください。

大型荷物の配送について

個人宅への大型荷物の追加送料について

運送会社の都合により、個人宅への130サイズ(三辺合計130cm)を超える大型荷物は追加送料または配送不可の案内がきています。
対象商品:提灯、ポール等

大型配送荷物になる商品をご購入の場合、送付先に下記情報を必ずご記入ください。

1.送付先氏名
⇒法人名または商店名、団体名

2.送付先住所
⇒法人名/商店名/団体名を示す看板がある建物

上記2点の情報がない場合、追加送料が発生します。

配送について

当社では、
宅配系運送会社は荷傷みが多い宅配系運送会社は大型荷物の運賃が高い
ことから運送便を分けて利用しております。

大型・普通サイズ荷物ビジネス系運送会社(主に西濃運輸)
60サイズ以下の小型荷物宅配系のヤマト運輸・佐川急便
離島地域ヤマト運輸

個人宅への大型荷物不可は、メイン配送の西濃運輸のルールです。

当社では提灯類のまとめ買いなど大型荷物、各種名入れ商品が主力です。
大型荷物の場合、宅配系運送会社とビジネス系運送会社で送料が大きく変わります。(3千円~4千円程度)
名入れ商品は商品にトラブルが発生した場合、作り直しに時間が掛かる為、宅配系運送会社の便は避けています。
離島配送はヤマト運輸となります。
ヤマト運輸の送料はメイン配送の料金よりも高くなるため、差額送料を頂きます。離島故の配送料金ではございません。

■運送会社の特徴
ビジネス系運送会社
西濃運輸、近物レックス、福山通運、名鉄運輸 等々
メリットデメリット
法人客がメインのため、複数個の集配なので単価が安い
大型荷物メインの配達で荷数が少ないため、荷傷みが少ない
個人宅への配送が苦手
時間指定など細かい配達条件に対応できない

宅配系運送会社
佐川急便、ヤマト運輸、日本郵便
メリットデメリット
狭いエリアで集配しているため、細かい配送条件に対応できる
数より件数が勝負なので、大型荷物は送料が高額
追い積みなどするので、荷傷みが多い

ページトップへ